FC2ブログ

スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チュ・ジフンが濡れ場に挑んだ官能時代劇「背徳の王宮」、2016年日本公開

(2015-11-25)


コンフェ13

「コンフェッション 友の告白」「アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~」のチュ・ジフンが主演を務めた韓国映画「The Treacherous(英題)」が、「背徳の王宮」のタイトルで日本公開決定。2016年3月19日より東京・シネマート新宿ほかで全国順次ロードショーとなる。

本作は、快楽をむさぼる暴君、王の信頼を利用して天下を狙う家臣、そして生きるために“王の女”の座を目指す1万人もの美女たちによる愛憎劇。家臣の視点から見た時代の騒乱や、稀代の暴君として知られる朝鮮王朝第10代国王・燕山君の知られざる一面が、スキャンダラスな描写とともに紡ぎ出される。

野心を抱く家臣を演じたチュ・ジフンは、大胆な濡れ場に初挑戦したことで話題に。「サイコメトリー~残留思念~」のキム・ガンウが王に扮し、さらに「情愛中毒」のイム・ジヨン、2014年に新人にしてミラノ映画祭で主演女優賞を獲得したイ・ユヨンらが王朝に召喚された美女を熱演した。4人が絡まり合う官能的なポスタービジュアルは、本作の過激さを想起させるデザインとなっている。「僕の妻のすべて」「アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~」のミン・ギュドンが監督を務め、野望と欲望が渦巻く史劇を生み出した。


コンフェ13

「背徳の王宮」ポスタービジュアル (c)2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.


(映画ナタリーより)


スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴあの

Author:ぴあの
チュ・ジフンさんを応援しています。
主に、チュ・ジフンさんの記事や画像、韓国芸能ニュース等をアップしています。
(イ・ジョンソクさんの記事は、"Happy&Dream time~イ・ジョンソク”で書いています)

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。