FC2ブログ

スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【REPORT】キム・ジェウク、流暢な日本語でファンミーティング大盛り上がり「今回も僕のほうがポジティブなエネルギーをもらってる」

(2015-07-22)


nylon7.jpg
(C)So-net Entertainment Corporation

「コーヒープリンス1号店」「メリは外泊中」「赤と黒」などで人気のキム・ジェウクが、10ヶ月ぶりとなる来日ファンミーティング「Kim Jae Uck 2015 Fanmeeting」を大阪と東京で開催。得意の日本語を生かし、大勢のファンと気さくなふれあいタイムを過ごした。ここでは7月20日の東京公演の模様をリポートする。

真夏の猛暑に見舞われたこの日のファンミーティングは、ひとりの少年が感性のおもむくまま振る舞う姿をとらえたショートフィルムからスタート。映像が終ってピンスポットが当たるとステージの真ん中にこの日の主役が静かに立っているという洒落たオープニングが、いかにも彼らしい。「どうもこんばんは、キム・ジェウクです」と、まずはうますぎる日本語で挨拶。司会のYumiさんとは4年ぶりになるそうで「4年前にくらべると僕も大人になりました。自分ではちょっと落ちついたと思います」とニッコリ。冒頭の映像は友人で俳優・監督のリュ・ドックァン(「神のクイズ」) が演出したそうで、少年に幼い日の自分を投影したそうだ。

nylon7.jpg
(C)So-net Entertainment Corporation

そのまま近況報告トークに突入。半年前に撮影が終った2本の映画のこと、兄に預けてきたペットのこと(犬と猫の計2匹) について語り、ホワイトボードに現在ひとり暮らししている部屋の間取り図(ベッドは特大サイズ!) を描いて説明していると、いきなり場内が暗くなって、ジェイクのバンドWarlusのメンバー、ユ・スンボムが女装する名物キャラ“松田リュウコ”ちゃんが登場! 松田聖子の歌に乗せて客席にバナナを配り歩くが、場内のビミョウな空気を察したジェウクは「大失敗」「早く帰って」「ホントにスイマセンでした」と苦笑い。4月に来日ライブも行われたバンドメンバーとの仲よしぶりをうかがわせた。

次は客席に降りてファンからの質問を聞いて回るコーナー。お酒を飲むとどうなるか? →寝てしまう、最近チューしたのはいつ? →内緒、女性から言われてグッとくる日本語は? →「嬉しい」など、さまざまなQ&Aが出る中、「女性に着けてほしい下着の色は?」という超きわどい質問に「その人の雰囲気や肌やスタイルによって似合う下着の色は違うから選ぶのは難しい。そんなカンタンな男じゃないですよ!」と笑いながら言い放ったカッコいいジェウク。その後、「大好きな人に振られたがあきらめられない、どうすれば?」というファンに「苦しむことも大事。人として誰も好きになれないことのほうがさびしいから。苦しみもあとになれば“オレあのとき生きてたな”と思えるからありがたいんですよ」と真剣に答えていたのも印象的だった。

nylon7.jpg
(C)So-net Entertainment Corporation

このあと、質問者ベスト4に、ジェウク自ら韓国で買ってきたプレゼントを手渡し&セルカで2ショットという羨ましいコーナーがあり、ファンのため息が炸裂。着替えのため一旦退場した間には、韓国でジェウク自身が買物する様子を撮影したVTRが流れ、自然体で街を闊歩する姿にも熱い視線が注がれた。

2部はWarlusのメンバーも迎えてのライブ。「Warlusの音楽はマニアックだから、今日はポピュラーな曲をセレクトしてみました」と前置きして「あの時は狂っていてわからなかった」、スティングの「Shape of My Heart」、Warlusの「ソウル魔女」、Mr.Childrenの「HERO」の4曲を披露。3曲目にはまたまた“松田リュウコ”ちゃんが特別出演。ミニスカートの悩殺ポーズで花を添えた。

nylon7.jpg
(C)So-net Entertainment Corporation

そしてついに最後の挨拶。「ファンミーティングって不思議なものですよね。素の自分が舞台に立って何をしたらいいか、どうしたらみなさんを幸せにしてあげられるか。いつも不安なんです。このお金(チケット代) の価値があるのかなって。やっぱり国が違うから。日本語しゃべってるけど韓国人だから。今回も僕のほうがポジティブなエネルギーをもらって帰ることができます。本当にありがとうございました。あとは1日も早く、ポピュラーで軽い感じのドラマを決めて、みなさんに報告したいです。では、これからひとりひとり、握手会でみんなの顔を見たいと思います。じゃ!」と締めくくって、爽やかにステージを去っていったジェウク。

これで終りかと思ったら最後の最後に楽しいおまけVTRが。何人もの友人たちが登場してキム・ジェウクの人となりを紹介する(というかこきおろす?) 映像がスタート。そのなかにはおなじみの親友チュ・ジフンをはじめ、RAINやリュ・ドックァンの姿も。ちなみに一番の毒舌王はチュ・ジフン、しれっと涼しい顔で爆笑コメントの連発だった。

nylon7.jpg
(C)So-net Entertainment Corporation

外見の印象からクールに見られがちだが、実は気さくで温かいハートをもつキム・ジェウク。その意外な素顔が垣間見える楽しいファンミとなった。それにして、ジェウクの日本語のネイティブ度は素晴らしく、うっかりすると韓国のスターだということを忘れてしまう。1年に1回はファンミーティングを開きたいというジェウク。来年はどんな素顔を見せてくれるのか、楽しみだ。


「Kim Jae Uck 2015 Fanmeeting」

公演日:2015年7月20日(月・祝) 15:00 開場 / 16:00 開演
会場:舞浜アンフィシアター

【セットリスト】
01. あの時は狂っていてわからなかった
02. Shape of My Heart
03. ソウル魔女
04. HERO

※今回の公演の模様はDVD化が決定! さらに密着映像も収録予定。詳細はイベント公式サイトにて後日発表される。

公式サイト:http://kimjaeuck.jp/


(Kstyleより)



さすがジフニ!
”毒舌王”で、しっかり存在感をアピールしたようです。





スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴあの

Author:ぴあの
チュ・ジフンさんを応援しています。
主に、チュ・ジフンさんの記事や画像、韓国芸能ニュース等をアップしています。
(イ・ジョンソクさんの記事は、"Happy&Dream time~イ・ジョンソク”で書いています)

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。