fc2ブログ

「姦臣」ミン·ギュドン監督 "チュ·ジフン、私が生んだ愚か者の息子"

(2015-05-07)

ミン・ギュドン監督が俳優チュ・ジフンに対する愛情を表わした。

ミン監督は去る6日午後ソウル、中区(チュング)、茶洞(タドン)に位置したあるレストランで進行された映画‘姦臣’(製作スフィルム)ミディオデイで主人公チュ・ジフンに対して“私が産んだ愚か者息子と同じだ”と話して目を引いた。

二人の縁は‘西洋骨董襄陽寡占アンティーク’(2008)から始まった。 ミン監督は当時新人に近いチュ・ジフンを主人公で抜てきした。 以後チュ・ジフンはミン監督が製作を引き受けた‘キッチン’(2009)等に出演した。

PS14123100108.jpg

ミン監督は“チュ・ジフンが今後ずっと成長したら良いだろう。 ‘良い友達’(2014)を見るとはるかに成熟した感じがした。 大幅に演技が成長した気がした”として“新人らと作品をたくさんする方なのに、私の映画でスクリーン デビューをした友達を見れば応援することになる。 チュ・ジフンも愛情を有している俳優”と話した。

‘姦臣’はチュンジョン実録に‘千年以来一番の最高のガンヒュン’と記録されたイムスンジェ(チュ・ジフン)とイム・サホン(チョン・ホジン)親子を中心に、燕山君(ヨンサングン)(キム・ガンウ)の寵愛を受けた希代の妖婦チャン·ノクス(チャ·ジヨン)そして彼らの選択を受けたウンピョンダンヒ(イム・ジヨン)とソルジュンメ(イ・ユヨン)等王を持っていた時代を蔑視したこれらの話を入れる。 ‘私の妻の全てのもの’(2012) ‘私の生涯最も美しい一週間’(2005) ‘女子高怪談2番目の話’(1999)等を演出したミン・ギュドン監督がメガホンを取った。

(OSENより)



ミン・ギュドン監督の愛情ある言葉が、とても有り難いです。



スポンサーサイト





ドラマ「仮面」~一次予告編(動画)♪

(2015-05-07)






PS14123100108.jpg


PS14123100108.jpg


画像は、AMYさんからお借りしました。






プロフィール

ぴあの

Author:ぴあの
チュ・ジフンさんを応援しています。
主に、チュ・ジフンさんの記事や画像、韓国芸能ニュース等をアップしています。
(イ・ジョンソクさんの記事は、"Happy&Dream time~イ・ジョンソク”で書いています)

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

最新記事
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示